「太る食べ物はなるべく食べたくないから、太らない食べ物を知りたい」という方はとても多いのではないでしょうか。

太る食べ物は加工・精製されている物がほとんどです。

太らない食べ物とは原型をそのまま保っている物が多いです。

太る食べ物と、太らない食べ物の違いや注意点、ポイントをまとめてみました。

栄養価の高い食べ物を食べれば少しの食事だけでも大丈夫

ダイエットを実行しても痩せられない人は、不必要な食べ物を摂取しすぎています。

本当に体に必要な物の摂取が足りていない人です。

お腹いっぱいに食事をしないといけない決まりはありません。

栄養価の高い食べ物を少しだけ食べている方が健康に長く生きられるのです。

安く手に入る食べ物ほど体に良くない加工がされている

現在の食料事情をよく見てみると、不自然に加工して保存料が大量に使われているものが大変多いです。

大量生産のため、質の悪い物の味を良くするために人工甘味料で味付けしたり、色や形を加工したものが多く体にはとても良いとは言えない食べ物が沢山あります。

安く手に入る食材ほどとんでもない低いコストで抑えられ、不自然に加工して大量生産や長期保存が可能な食べ物になります。

太りやすい食べ物は体に良くない加工がされたものが多い

太りやすい食べ物は、不自然な食べ物であることが多いので、どれだけ精製、科学合成されたものが入っているのかの判断が大切です。

コンビニなどに売っているようなスナック菓子や、菓子パン、チョコレート、ケーキなどのスイーツなどは精製された砂糖やトランス脂肪酸が大量に入っていて、さらに香料、保存料も大量に使われています。

お菓子を食べたくなってしまったときは、体に悪影響のあるものなどが入っていない上質な物を選んで下さい。

高くても素材の良い食べ物を食べるべき

安価で手に入る食べ物を摂取しないように心がけましょう。

お菓子などは上質であれば太らないということは無いのですが、上質なお菓子は素材も良いものを使っています。

その分、少し料金は高いです。

量も少なく価格も高いのでたくさん買わなくても済みます。

スーパーの100円のケーキは大きくてたくさん買えますが、有名なケーキ店の500円のケーキならしょっちゅうは食べられません。

お菓子を食べる頻度も減っていきます。

量は3分の1ですが、良質な材料で味も格別、健康にも良く満足度は3倍です。

添加物の少ない本物のお菓子をおすすめします。

血糖値が低下するとイライラする理由

お菓子・空腹を我慢すると血糖値が下がってきてイライラしてきます。

イライラしてしまうのは、普段の食生活が原因です。

普段の食生活を改善していけば自分の体が血糖値のコントロールが出来るようになり、お腹が空かなくなり集中力の低下やイライラも少しずつなくなっていきます。

体が血糖値のコントロールができるようになれば自然と痩せることが出来るのです。

太らない食べ物は原型を保っているものが多い

太りにくい食べ物とは、食べ物として原型がなるべく壊れてい物。
具体的にいうと、野菜や果物、刺し身、海藻、キノコ、芋類になります。

コンビニなどで食品を購入する時も、原材料名をチェックして原材料名以外が記載されていまいものが好ましいです。

例えばミネラルウォーターやバナナ、りんご、干し芋、ミックスナッツです。

太りにくい食べ物といっても、食べすぎて摂取カロリーが消費カロリーを上回れば太ってしまいます。

食べすぎない事を基本にして、栄養価の高い物を少量食べる習慣をつけていって下さい。

まとめ

  • 痩せられない人は、体に不必要・不自然な食べ物を食べています。
  • 三倍の高い食品は、体に良い材料でできています。
  • 太りにくい食べ物でも、食べすぎては太ってしまいます。

低価格の食品は低コストで作るために精製、科学合成されたものが多くなっているので体には良くない食べ物です。

普段の食生活を変えると体血糖値のコントロールを覚えるためイライラなどが少なくなります。