ダイエット中にはタンパク質が不足しがちになります。

タンパク質が不足してしまうと、体に悪い影響もありますし、女性の気になる美容などにも良いとも言えません。

タンパク質はダイエット中の体にどんな影響を及ぼし、どれだけ体にとって必要かをまとめてみました。

ダイエットやっている人はタンパク質が不足がちになる

タンパク質はダイエットをしていない普通の生活をしている方でも不足している人が多いです。

不足しがちなタンパク質とは体にどんな重要性があるのでしょうか?

タンパク質はイメージ的には筋肉を作る食品と思っている人が多いと思いますが、筋肉だけではなく体に構成する要素そのものです。

体の骨、皮膚、血管、内蔵、ホルモン、髪の毛など、体のほとんどがタンパク質という原料でできているのです。

タンパク質不足の人は、炭水化物(糖質)を多く摂りすぎている人や、無理なダイエットを繰り返している人は摂取量が少ないのが特徴です。

タンパク質の役割

タンパク質は糖質の代わりにエネルギーになるものです。

食事(糖質)制限をして、さらに激しい運動をするとタンパク質は不足します。

【タンパク質が不足すると出る影響】

  • 貧血気味になり、顔色が悪くなる。
  • 肌がカサカサになり、荒れてくる。
  • 髪の毛がパサパサになる。
  • 整理が止まる事もある

ダイエット時は特にタンパク質が不足しがちになるので、良質な物をたくさん摂取するようにして下さい。

タンパク質の効果

ダイエット時のタンパク質を摂取した効果は、体脂肪分解を刺激してくれるホルモン(グルカゴン)を分泌してくれます。

タンパク質摂取で、より体脂肪の燃焼ができるのです。

糖質は少しだけにして、タンパク質を多めに摂ることによって脂肪燃焼を止めず効率よく体重を減らしてくれるのです。

タンパク質が含まれていて、最も吸収しやすい食物は「肉と魚」です。

肉と魚はタンパク質はもちろん、ビタミン・ミネラルなども摂取できますので多めに摂る事をおすすめします。

1日でのタンパク質を摂取する目安

タンパク質の必要量は、体重1キロあたり1グラムになります。

例えば、60キロの体重がある人は1日に60グラムのタンパク質が最低限必要になります。

良質なタンパク質と言えば卵などがあげられます。

卵は良質なタンパク質とビタミン・ミネラルも豊富に摂取できます。

食物性タンパク質である豆類や、豆腐類などもおすすめです。

肉や魚に、卵や豆類など合わせてたくさん摂り、効率よくダイエットをおこなっていって下さい。

まとめ

  • タンパク質は糖質の代わりにエネルギーになります。
  • タンパク質は体の構成要素そのものです。
  • 体脂肪の燃焼を促してくれます。

タンパク質は、髪の毛や、皮膚、内蔵、血管、ホルモンなどを作ってくれています。

タンパク質の1日の摂取量の目安は体重1キロあたり1グラムです。