「ダイエットしたいけど、お酒はやめられない。お酒って太るのかな?」

お酒には2つの種類があります。どんなお酒を飲むかによってもカロリーが違ってきます。

お酒のおつまみにも、太ってしまう大きな要因があります。

お酒を飲んでも太らないコツ、注意点、ポイントをまとめてみました。

お酒を飲むと太るとはよく聞くけど・・・

アルコールを飲むと太るというのは、ウソでありホントでもあります。

アルコールはきちんと付き合って行けば全く変わってきます。

アルコール1グラムあたり7カロリーがあるのですが体内で吸収や蓄積される前にほとんど燃焼されます。

つまりアルコールでは太らないということになります。

ただし、肝臓の解毒処理を超えてしまうと体脂肪として蓄えられてしまうので注意して下さい。

お酒を飲むと太る理由

なぜお酒を飲むと太ってしまうのか? 主な理由が2つあります。

  • お酒に入っている糖質
  • お酒と一緒におつまみを食べるので太る

になります。

お酒は、醸造酒→日本酒・ビール・ワインなど。

蒸留酒→焼酎・ウェスキー・ブランデーなどの2種類に分けられます。

醸造酒は果汁や穀物を発酵させて作っているお酒で糖分を多く含みます。

蒸留酒は醸造酒を蒸留してアルコールなどの揮発成分を濃縮したもので糖質がカットされたものになります。

お酒と一緒に太りやすいおつまみは、揚げ物(唐揚げやフライドポテトなど)、ピザ・ラーメンなどの炭水化物などですが、お酒と一緒に食べてしまうと太ってしまいます。

太りにくい食べ物も食べすぎてしまっては、太ってしまうので注意して下さい。

お酒を飲んでも太らない飲み方

お酒を飲むと太る理由を2つ書いてきましたが、これらの問題を解消して、お酒を飲んでも太らない飲み方を紹介します。

1 お酒に入っている糖質の量

太りにくいには、焼酎・ウィスキー・ブランデーなどの糖分がカットされている蒸留酒です。

ただし、これらの蒸留酒でも砂糖たっぷりの甘いジュースなどと割ってはいみがありません。

日本酒・ワイン・ビールなどの醸造酒も、高くてもより良い品質のを適量に飲むと心がけすれば大丈夫です

2 おつまみの問題

お酒で太る原因は、お酒自体よりもお酒と一緒に食べるおつまみになります。

お酒を飲む事で食欲がまして、更に脂肪も吸収しやすいのです。

蒸留酒であれば通常の食事分をおつまみにしても良いのですが醸造酒の場合はおつまみを減らすことをオススメします。

締めのラーメンなどの炭水化物などは避けて、おつまみも「マゴハヤサシイ」の食材にしてください。

昔からある日本の食材総称マゴハヤサシイをおつまみに

ダイエット時のオススメのおつまみ:お刺身・ミックスナッツ・海藻サラダ・刺し身・カルパッチョ・焼き魚などです。

おつまみで炭水化物を摂取する場合は野菜やきのこ類、海藻類、ネバネバ食品なども積極的に摂って血糖値の上昇を抑えるようにして下さい。

「マゴハヤサシイ」のおつまと一緒にお酒を飲むと太らないのです。

昔からある日本の食材総称【マゴハヤサシイ】

マ:豆類(味噌・納豆・豆腐・大豆・小豆・湯葉など)
ゴ:ゴマなどの種子類(ナッツ・くるみ・アーモンドなど)
ワ:ワカメなどの海藻類(ひじき・昆布・もずく・海苔・寒天)             ヤ:緑黄色野菜(緑黄色中心)
サ:魚類(小魚・背青魚)
シ:シイタケなどのきのこ類(舞茸・エリンギ・干し椎茸・きくらげ・えのきなど)
イ:芋類 (さつまいも・里芋・山芋など)

まとめ

  • アルコールには1グラム7カロリーがあります。
  • お酒には、醸造酒と蒸留酒の2種類がある
  • お酒で太る理由は糖質の量とおつまみの質です。

お酒にはカロリーがありますが、体内で吸収や蓄積される前にほとんど燃焼されます。

「マゴハヤサシイ」をつまみにすると、太らないのです。