「ダイエットしてるから、なるべく食べないように朝食を抜いている」
という方は多いです。

ダイエットをする時は、朝食を取ることがなにより大切になります。

朝食をとる事で体内時計のズレを解消し、無駄な食欲もなくします。

昼食をきちんと摂る時、摂らなかった時にどうなるか、食べる時のコツや注意点、ポイントをまとめて見ました。

ダイエットする時は朝食抜きにしないほうがいい理由

食べても太らないためには、毎朝しっかりと朝食をとる事が重要です。

それだけで必ず痩せることができます。

朝食は一日の食欲をコントロールするための大事な食事です。

朝食を食べるだけで、一日の食事時のムダな食欲が自然と消えますし、昼食時に必要以上な空腹感がありません。

昼食も一定の量を食べれば満たされます。

ダイエットでやせたいならよく噛むこと

よく噛むことがムダな食欲をなくします。

朝食を摂らないで昼食を食べると、よく噛まずに食べてしまいます。

噛むことというのは、脳の満腹中枢を刺激するので、食事の食べ始めから満腹感得ることがでます。

消化吸収がゆっくりになるので空腹感をもたらすホルモンの分泌が抑えられ満腹感も持続します。

よく噛まないことが太る原因の一つになるのです。

よく噛まないとどうなるか?

よく噛まない食事では満腹中枢に刺激がいかないため、沢山食べなければ満足できません。

食べすぎて太ってしまいます。

食事後も満腹だったはずなのに、すぐにお腹が空いてしまいます。

すぐにお腹が空いてしまうのは、食事量が多すぎたためインスリン(空腹感をもたらすホルモン)が過剰に分泌され、間食をしてしまい高カロリーをさらに摂取してしまいます。

朝ごはんを抜いても、痩せない理由の一つになるので注意して下さい。

ダイエットするなら体内時計は朝方に

朝食のメリットはもう一つあります。

体に朝が来たことを知らせるということです。

朝食を食べる事によって体に昨日から今日にきりかわったと教えることで、体内時計に日中が活発に、よるは休息の時間というリズムがセットされます。

体内時計は24時間単位で刻まれているわけではなく、約1時間遅くズレていると言われています。

体内時計をズレたまま放置おくと次第に夜型になり、真夜中に食欲が湧いてしまい間食をたくさんしてしまいます。

体内時計が朝方になり太らなくなるようにするには、夕食は何も食べず翌日に朝食をしっかり摂ることです。

つまり、夕食後から朝まで「断食」することで体内時計のズレが解消でき、体に体脂肪を溜め込むムダな食事をすることもなくなるのです。

まとめ

  • 朝食は一日の食欲をコントロールするための大事な食事です。
  • よく噛むことがムダな食欲をなくします。
  • 噛まないことが太る原因の一つです。

噛むことというのは、脳の満腹中枢を刺激するので、食事の食べ始めから満腹感得ることがでます。

夕食後から朝まで「断食」することで体内時計のズレが解消でき、体に体脂肪を溜め込むムダな食事をすることもなくなるのです。