「ダイエットをしているのに、ポッコリお腹がへこまない」悩んでいる方が多いと思います。

ポッコリお腹の原因は、便秘であることが多いです。

便秘を解消するのは毎朝、プレーンヨーグルトを摂りましょう。

毎朝のプレーンヨーグルト摂取するとお腹の中はどうなるのか、効果や、注意点、ポイントをまとめてみました。

ポッコリお腹の理由

お腹の中でも下っ腹がポッコリ出てしまうのは腸の働きが悪く「便秘」が原因で有ることが多いです。

つまり、排泄がうまくいかないため腸に便を溜め込んで下っ腹がポッコリ出てしまうのです。

便というと食べ物のいらない物(カス)と思う方が多いと思いますが、食べたカスというのはほんの一部で多くは水分になります。

腸に便が残っていると水分が吸収されてしまい、便がカチカチに固くなってしまいます。

固くなった便は益々、外に出にくくなり、そのため下っ腹がポッコリでてしまうのです。

善玉菌をとるにはプレーンヨーグルトがおすすめ

腸の中には、体に良い作用をもたらす「善玉菌」と、悪い作用をもたらす「悪玉菌」があります。

善玉菌の代表は乳酸菌・ビフィズス菌ですが、善玉菌が増えるほどに腸の働きもどんどん良くなってきます。

ヨーグルトを摂取する時、発酵させただけの生プレーンヨーグルトがオススメです。

理由はヨーグルトの中でもプレーンヨーグルトの中でも最も善玉菌が豊富だからです。

フルーツ入りのヨーグルトであれば、フルーツの分善玉菌が減ってしまいます。

フルーツ入りが良ければ100グラムのプレーンヨーグルトにフルーツを足して摂取するようにして下さい。

プレーンヨーグルトを食べるのが100グラムが良い理由

なぜ食べる量が100グラムの理由は、他の食事時の負担が少なく善玉菌の効果が得られる最適な料だからです。

一人前100グラムとして効果が実証されたヨーグルト商品も多いとのことです。

ヨーグルト商品は1個が100グラム前後になっているので手軽でオススメです。

2個パックになっている物は1個に70~80グラムしか入っていないので、1個100グラム以上あるものを選ぶか、400ml入りの大きなパックを購入して100グラムずつ摂取するようにして下さい。

もう一つのプレーンヨーグルトのメリット

もう1つプレーンヨーグルトを食べるメリットがあります。

牛乳に乳酸菌などを使って作られた「発酵食品』です。

牛乳の栄養と乳酸菌の有益な働きをまるごと体に取り入れる事ができます。

朝にプレーンヨーグルトを食べると腸の目覚めさせる働きもあり、目覚めて活発になったなった腸は食べ物から吸収された栄養成分以外の余分なカスをどんどん便に変えて外に排出してくれるのです。

朝にプレーンヨーグルトを食べる事は、体に朝になったら習慣づける効果もありダイエットには最適です。

腸の正常な働きの確認事項

腸の働きがよくなっているかどうか、体の中を除くことはできません。

確認に変わる簡単なチェック方法があります。

チェック項目:「お通じの回数」「便の形状」になります。

・便の色は黄土色~茶褐色、形はバナナぐらい良いです。

・お通じの回数は1~2回程度になります。

朝にプルーンヨーグルトを食べると、腸を目覚めさせてくれ、一日の腸の働きを強力にしてくれます。

体に朝に便を出すという習慣もつけることが出来るのです。

まとめ

  • 下っ腹のポッコリは便秘が原因です。
  • 腸の中には善玉菌と悪玉菌があります。
  • 正常な腸の働きをチェック確認をしてみて下さい。

善玉菌を増やす事で、腸の働きもどんどん良くなってきます。

プレーンヨーグルトはヨーグルトの中でも最も善玉菌が豊富です。