ダイエットをしようとする時、グルテンを中心に摂取をやめようとする方がいます。。

グルテンフリーダイエットとダイエット方法がありますが、一体グルテンとはなんなのでしょうか?

グルテンとは穀物の麦芽から生成されるたんぱく質成分になります。

グルテンについてや、グルテン摂取しないダイエットの効果、どのような食品に含まれているのかなどをまとめてみました。

小麦粉の成分のグルテンとは

グルテンとは小麦、大麦、ライ麦などの穀物の麦芽から生成されるたんぱく質の一種です。

小麦などを練った時に出る粘りや弾力のもとになる成分になります。

小麦に含まれているグルテンは食欲増進効果があるといわれ、グルテンフリーダイエット(グルテンの含まれている食品を控えるダイエット方法)を始める方もいます。

小麦粉のグルテンはどうして太る原因になるの?

グルテンには近年、食欲増進効果があります。

グルテンの成分が食欲を刺激し、必要以上に食べ物を欲して肥満を引き起こすといわれています。

身体を冷やす性質があり代謝が下がりやすくなります。
代謝が下がると痩せづらい身体になりますので、ダイエットのときはなるべく控えたほうがいいと思います。

小麦アレルギーの原因とも言われています。

グルテンはどんな製品にはいっているの?

グルテンが入っている代表的な製品は、パン、パスタやラーメンやうどんなどの麺類、ビール、シュウマイや餃子の皮などです。

パンやケーキなどはほとんどが糖質でできているため消化がはやく、血糖値をあげやすいのでダイエット時にはには摂取を控えたほうがいいと思います。

グルテンが入っている食品は太る要素が多いのです。

グルテンが入っていない炭水化物の食品は?

主食と言われるすべての食品にグルテンが含まれているわけではありません。

グルテンが入っていない食品は、米や米製品、100%の蕎麦粉、ビーフン、フォー、春雨などがあります。

グルテンが入っていない食品は、身体を冷やしにくくし代謝が上がりやすくなるためダイエットには最適です。

小麦などの代わりに餃子やシュウマイの皮を米粉で代用して食している方もいるようです。

スーパーなどで売られている蕎麦などには、蕎麦粉に小麦粉を使用している物が多いので、購入するときはどんな食材で作られているか確認するのをオススメします。

まとめ

  • グルテンには食欲増進効果があります。
  • グルテンが入っている食品は太る要素が多いです。
  • 小麦などの代わりに、米粉を代用可能です。

グルテンとは小麦、大麦、ライ麦などの穀物の麦芽から生成されるたんぱく質の一種です。

グルテンが含まれていない食品は、米や米製品、100%の蕎麦粉、ビーフン、フォー、春雨などになります。

小麦粉などの代わりに米粉を代用して料理を作ることができます。