痩せたいけどどうやって痩せれば良いのかわからない。

やせるなら、運動よりもまずは食の改善です。

その中でもダイエットにはビタミン・ミネラルは外せません。

なぜ食の改善をしなければいけないのかの理由や、食の改善に向けての注意点、ポイントをまとめて見ました。

食べ物の質を変えることで太りにくい体になる

太らない食べ物だと思っていたけど、実は危険な物もあるとわかると、何を食べていいかわからなくなります。

食べるという事は体内に栄養を取り入れて、体の中で痩せるための科学反応を起こさせることです。

低カロリーで栄養のある食品を選んで食べなければなりませんが、太らない食材でも食べすぎてしまってはいみがありません。

食べすぎて余ったエネルギーは体脂肪になってしまうからです。

食べ物の質はとても重要なのです。

やせたいなら運動よりも食生活の改善

体の細胞は1年間で全部入れかになると言われています。

入れ替えの時に体で使われる材料は、食事で消化吸収したものになります。

体の状態は自分で選んだ食材を吸収した結果になり、食生活を変えないまま体を痩せ型に変化させようとしても難しいんです。

不自然な食べ物を摂取すると体が拒否反応を起こしたり、長い時間不自然な食べ物を摂取して体に悪影響を与え、病気の原因になることも考えられます。

体が食物に正常に反応できなくなると、体脂肪が体に蓄えやすくなることもあります。

食生活を変えずに運動を中心にダイエットしても意味がありません。

太りやすい食べ物を中心に食べていれば、運動だけで改善していく事は不可能に近いのです。

体に良い、適切な食事をしているなら痩せる(ダイエット)する必要は全く無いのです。

体脂肪燃焼に使う栄養素(ミネラル、ビタミン)は市販の食品で補うのは難しい

食べ物には5大栄養素というものがあります。

そのうちの3大栄養素が、たんぱく質・脂質・炭水化物(糖質)です。

この3つはカロリーがある物になります。

残りの2大栄養素は、ビタミン・ミネラルになります。

この2つにはカロリーはありませんが、体の代謝に影響が現れます。

市販の食品や精製・加工されている食品は、ビタミン・ミネラルが不足し、栄養素が低いものが多いのです。

市販食品や加工食品は保存料、着色料、化学調味料などの添加物がたくさん入っているため、体が消化吸収時に負担をかけてしまいます。

自分の体に負担をかけまいとしてビタミン・ミネラルの栄養素を余計に消費してしまうので、脂肪燃焼に使う栄養素が不足してしまうのです。

体の悪循環を防ぐためにも、ビタミン・ミネラルなど栄養素を十分に補える食事を摂るように心がけて下さい。

まとめ

  • 良い食を摂るということは、体の中で痩せるための科学反応をさせることです。
  • 体の細胞は1年間ですべて入れ替わると言われています。
  • ビタミン・ミネラルは、体に代謝の影響が現れるのでしっかり摂るようにして下さい。

低カロリーで高栄養の食材を選んでも、食べすぎてしまうと体脂肪になって体についてしまいます。

入れ替えの時に体で使われる材料は、食事で消化吸収したものになります。